雑誌『ダ・ヴィンチ』で、森永のミルクキャラメルと小説家がコラボしたという記事だか広告を見た。
パラパラと捲っていたなかで一瞬だけ目にしたソレが頭の中に残っていたのだろう。スーパーで会計待ちの列の中、ふと横を見るとレジの横に備え付けられている棚に、森永のミルクキャラメルが。

「ああ、ダヴィンチで見たアレだ」

と、思わずひとつ手に取ってカゴの中へ入れた。

家に帰って袋から取り出したミルクキャラメル。
子どもの頃に大好きでよく食べてたなぁ……と、懐かしみながらパッケージを確認。

ダ・ヴィンチ推薦
各3話完結 オリジナル小説掲載中人気小説家書き下ろし!!

人気小説家2名がオリジナル小説各3話を書下ろし!!
小説の種類(6種)は、上面よりお選びください。

角田光代
浅井リョウ

店頭で何も確認せずに手に取ったが、どうやら、3つ必要なようだ……。

手元のキャラメルを確認すると『浅井リョウ著 タイムリミット 1/全3話』とある。

私がカゴに入れたキャラメルは、浅井リョウさんの小説1話目だった。

翌日、残りの2話を探しにスーパーへ足を運んだ。
……森永さん、商売上手ですな(笑)

以下、ネタバレ感想。

JOE Company(ジョーカンパニー)の舞台『ハオト -羽音-』福岡公演(2015/07/12)の感想です。
今井雅之さんのお別れ会(?)が今日だったと聞いたので、どうしてもこの感想は今日中にアップしたくて頑張って書きました。

■キャスト■

                

水越義和(みなこしよしかず)   松田洋治(まつだようじ)
蓬荘七(よもぎそうしち)     鎌苅健太(かまかりけんた)
貝瀬美智子(かいせみちこ)    未沙のえる(みさのえる)
カバロスキー政孝(まさたか)   市瀬秀和(いちのせひでかず)
自称:閣下(かっか)       金田賢一(かねだけんいち)
荒俣芳雄(あらまたよしお)    小野寺丈(おのでらじょう)
津田恭介(つだきょうすけ)    藤沢大悟(ふじさわたいご)
田中秀明(たなかひであき)    能見達也(のうみたつや)
菅沼守(すがぬままもる)     市原朋彦(いちはらともひこ)
真行寺藍(しんぎょうじあい)   里久鳴祐果(りくなゆか)
真関智世(ませきともよ)     広田礼美(ひろたれみ)
水越正和(みなこしまさかず)   夏樹弘(なつきひろ)
佐藤光輝(さとうみつき)      〃
老人(ろうじん)         矢尾一樹(やおかずき)
森本松太郎(もりもとまつたろう) 島田順司(しまだじゅんし)
鈴木くん(すずき)         〃

 

■ストーリー■
2015年。一人の老人が「人を殺した」と出頭してきた。第二次世界大戦終結から70年。老人の語る過去とは……。
1945年。第二次世界大戦末期の東京。とある精神病院が舞台。

弟が特攻隊となり戦死したことをきっかけに戦争を反対するようになった海軍将校。
自身を“閣下”だと思い込んでいる男性。
多重人格者の軍事博士。
両親が目の前で銃殺されたことをきっかけに銃を撃てなくなった陸軍兵。
伝書鳩を使って未来の人物と文通をしているという女性。
話し合いで和睦を結ぼうと努力する海軍将校。
武力によって勝利を目指す陸軍将校。
日本とアメリカの二重スパイとなった日系二世の男。
病院近くに墜落した米軍機の搭乗員で日系二世の男。

戦争終結へ向けて、各々の事情が絡まり合う――――。

 

■ツアー日程■
6/11~6/15  東 京:新宿・紀伊国屋ホール
6/21     京 都:京都府立府民ホールアルティ
6/24     名古屋:名古屋市芸術創造センター
6/27~6/28  札 幌:札幌スクールオブミュージック専門学校
7/1       広 島:アステールプラザ多目的スタジオ
7/4~7/5   大 阪:近鉄アート館
7/9       熊 本:はあもにいメインホール
7/12     福 岡:西鉄ホール
7/15     金 沢:石川県文教会館  中止
7/19     宮古島:マティダ市民劇場  中止

 

以下、ネタバレ感想。
 

 

ナルト舞台(ナルステ)福岡千秋楽(2015/04/12)マチソワのネタバレ感想その3!

どんどん薄れていく記憶(笑)
文章をうまくまとめる能力が限りなく低く、さらに集中力がないため、一日に数百文字文字程度書くのが精一杯。
ダラダラ書き続けているうちに、ナルステを観劇してから3ヶ月が経ってしまいました。
とりあえず、あとで自分で読み返して内容を思い出せればそれで良いかな…と思いつつ書きました。

オープニングから第七班結成までの感想はこちら
波の国編の感想はこちら
もしくは、タグの“ナルステ”をクリック。

引き続き、ナルステ感想。第二幕。

PAGE TOP