KAT-TUNの全国ツアー『CAST』についてくれていた宇宙Sixの山本亮太くん、江田剛くん、松本幸大くん、目黒蓮くん、そして他の舞台出演で不参加だったものの1度だけステージに上がった原嘉孝くん。
KAT-TUNと共に夏を駆け抜けてくれてありがとうございました。

申し訳ないことに、宇宙Sixのみなさんの顔と名前が未だに一致してないのだけど(これからちゃんと覚えます!)、福岡公演で直接観たこと、コンサートレポから伝わってくる魅力、そしてJ-webでの連載『宇宙に6Chu~』で、たくさんKAT-TUNのことを書いてくれて、KAT-TUNのことを先輩として慕い、尊敬してくれていることが伝わってきたことが、とても嬉しかったです。

元々6人だったメンバーが5人になったこと、KAT-TUNがずっとトークでイジってましたが、6人だった時代を無かったことにしないことってグループの歴史として大切なことだと思うので、これからも前向きな意味でネタにしていってほしいなと思いました。
頑張っている人たちにファンはついていくし、ちゃんと見てますから。
福岡公演で亀梨くんも言っていましたが、会場に集まっていたファンのみんな(KAT-TUNファンとJrファン)がそれを証明していたと思います。

KAT-TUNのメンバーがスタンドトロッコで遠くに行っていた時、近くに宇宙Sixのメンバーが通っていたのでお手振りしてみたら、ニコニコ笑顔で手を振りかえしてくれてとっても嬉しかったです!
無所属ジュニアの子たちは踊ることに一生懸命で客席なんて見てくれてませんでしたけど(笑)、宇宙Sixのみなさんは客席も見てくれて、宇宙ファンだけじゃなくてKAT-TUNファンの私たちにも手を振ってくれたの!
それだけで好感度爆アゲでした!!

KAT-TUNが提供したという宇宙Sixの新曲や衣装も大切にしてくれているのがとても伝わってきて嬉しかったです。
KAT-TUNが先輩にしてもらってきたことを後輩である宇宙Sixのみんなに繋げていっていること、その瞬間に立ち会えたことも幸せでした。
ありがとう。
全員が揃った『UNIVERSE』もいつか見てみたいです。

そんな中でも今回一番感激したのが、江田剛くんでした!
『CAST』の中で、バックで踊るだけではなく、コレオグラファーとして参加してくれた江田くん!
(最初、コレオグラファーと聞いて「なにそれ?」と、ググりました(笑) 振付師ってことですね!)

KAT-TUNとジュニアを合わせて10曲ちょっと振り付けしているとのこと。

え? 凄すぎませんか!?

KAT-TUNに振りつけたものだと、『FIRE STORM』、『DIRTY,SEXY,NIGHT』、『ツイテオイデ』だそうで…。

え!? 天才じゃね!? 天才じゃん!!! 江田くん天才!!!

CASTの振り付けの中で大好きだー!! って思ったやつ全部江田くん振り付けじゃないですか!!

『FIRE STORM』での、三者三様の特徴がある振り付け、圧倒的な迫力と色気を醸し出す、瞬きすら惜しいほどの魅力。

『DIRTY,SEXY,NIGHT』での、指の先まで洗礼された美しさとセクシーさ。その中に滲む可愛さ。

『ツイテオイデ』での、フォーメイションを変えながらのKAT-TUNらしさと強さ。「ついておいで」どころか「ついて来いよ」くらいの圧倒的な上から目線で手招きされてる感。

最高。

だって、この三曲(とくに『FIRE STORM』)はDVD化する時にマルチアングルでお願いします!!って大声でお願いしたいくらい大好きなんですもん!!

最高な振りを付けてくれた江田くんに高級ハムを贈りたい。それくらい好き。ありがとう。

そんな江田くん、せっかくのDVD収録の日である大阪公演では体調不良で欠席…。
中丸くんも言っていましたが、なぜよりによってそんな日に限って…(ToT)
勿体なさすぎて、どうにか江田くんの姿がDVDに少しでも収録されますように…と願わずにはいられませんでした。
『UNIVERSE』は横浜公演の原くんも居る映像とか使えばいいんじゃない?
資料用とかでもいいから何か残っているのでは??

KAT-TUNに振りを付けるにあたって、KAT-TUNのライブDVDを全部見て研究してくれた江田くん。
どんなソロ曲が多くて、どんな振り付けが好みなのかまで見てくれた江田くん。

亀梨くん→セクシー
上田くん→ワイルド
中丸くん→紳士的

というイメージを元にFIRE STORMを振りつけてくれたらしい江田くん。

KAT-TUNのコンサートを楽しんでくれて、支えてくれて、最高のものを一緒に作り上げてくれた。
本当に本当にありがとうございました。

コンサートがDVD化した時には、微に入り細に入り、KAT-TUNと宇宙Sixを堪能したいと思います!!

これ先もまた、KAT-TUNと宇宙Sixには一緒にお仕事していって欲しいなと、期待しております!