アイキャッチU

 

 

上田くん、マンガ『節約ロック』の実写ドラマ化主演おめでとうございます!!

それも、主題歌KAT-TUNで!!

最高に嬉しいお知らせを朝一番で知って、泣きそうなくらい嬉しいです!!

だって!上田くんが!!ドラマの主演で主題歌もKAT-TUNで!!!バーターでWESTの重岡くんも共演で!!!

充電期間前の『10Ks!』最終日にて「絶対に大きくなって帰ってくるから!」って宣言してくれた上田くんが、本当に大きくなて帰って来てくれたんですもん!!

有言実行。

上田くん、ありがとう。

上田くんの初ドラマと言えば、中居くん主演の『婚カツ』で。
中居くんがご指名してくれた配役だったよね。本当にありがたかった。
(中居くんのインタビュー記事のことブログに書いてた。→

2009年月刊テレビジョン 6月号 にて、中居くんが上田くんのキャスティングについてお話していたんですよね。

スタッフに、『若いイケメンの弟役を探してるんだけど、誰かいい人いない?』って聞かれたんで、僕が言いました。
『カツーンでオレ名前知らないヤツが一人いるけど、そいつは?』って(笑)

せっかくなら、今までドラマで見たことのない人にいてほしいなぁと思ったから。

でも、上田くんはすごく芝居熱心で、現場でもビックリするくらい堂々としてる。
若くてイケメンだから、みんなに『カトゥーン!』って呼ばれて人気者ですよ。
なんか女性スタッフがオレより上田くん寄りな感じがするのがちょっと気になるけど(笑)
今回の経験で、ドラマの現場は楽しいなと思ってくれればいいですよね。

初めての現場で緊張している上田くんに、中居くんは共演者の方々に「上田くん緊張してるだろうから話しかけてあげて」とこっそり言ってくださって、とても過ごしやすい現場を作ってくださったんだよね。

そこから始まった上田くんが、約10年経った今、主演で、主題歌で、後輩との共演までできるくらいの人になったんですね。

それって、きっと充電期間中にドラマや舞台でお芝居のお仕事を重ねてきたからだし、体育会TVで陸上部を引っ張ってきたからだし、積み重ねつづけた結果だよね。

すっごくすっごく嬉しい!!

ずっと更新されていなかった『龍組』も更新してくれて、ドラマ決定の報告が嬉しかった!

上田くんが演じる松本タカオ大分変人かつ面白いそしてどこか愛くるしいキャラクターだという報告も嬉しい!!

だって、愛くるしいんでしょ?
上田くんの愛くるしい姿を毎週見れるんでしょ?

最高に楽しみですね!!

 

公式サイトができていて、ビジュアルも公開されて!!

黒髪にスーツにギター!!
すでに愛くるしい感じが伝わる!!可愛い!!

キャストのコメントでも、コメディが初めてなこと、後輩との共演が初めてで重岡くんとの関係性がどう変わっていくのか楽しみなこと、今までにチャレンジしたことがない役なこと、今までと違う上田竜也を楽しみにしてほしいこと、

新しいことにチャレンジする上田くんのドキドキとワクワクが伝わってくるコメントでした~!

重岡くんも上田くんとの共演に驚きつつも楽しみにしてくれているみたいだし、良い作品にしたいという意気込みも伝わってくるコメントで!

あ-!ほんとうに楽しみ!!

 

そして、原作者さんもなんだか素敵な感じなのが伝わってくるツイートを!!

 

 

 

 

 

この一連のツイートで大久保ヒロミさんのことめちゃめちゃ好きになりました。

上田くんが黒髪にしたのはどう考えても役作りですよね(笑)

上田くんの黒髪、とっても大好きなので、黒に染める機会を与えてくださってめちゃめちゃありがたい!!

そして、一度演じた役がそのまま今後の上田くんにも残っていくので、松本タカオのキャラがどれだけ変で面白くて愛くるしいのか期待しかありませんね!

上田くんにコメディ要素が加わるのかと思うと楽しみだな~!!

早く1月になりますように!!

 

 

 

 

J-Webの大倉くんの連載を読んだ。
辛かった。読んでいてとても苦しかった。

何が辛いって、きっと大倉くんは本当ならこんなこと書きたくなかっただろうし、実際に書くこともギリギリまで悩んだろうし、それでも書かずにはいられないくらい苦しんでいるのが伝わってくること。

私の知っているアイドルたちは、ファンを笑顔にすることが生業だと思っている人たちだ。
自分の苦しさを綴ることがファンの笑顔を消すことになるかもしれないと分かっている人たちだ。

それでも、書かずにはいられなくなるほど、限界なのだ。

きっと、多くのファンはあの連載を読んで苦しく、辛く、悲しい気持ちになる。
けれど、その原因を作った本人は、きっと苦しくも、辛くも、悲しくもないのだ。
もしかしたら、喜び、嬉しく思っているかもしれない。
自分という存在がタレントの感情を揺さぶり、記憶に残っていることに。

普段、ルールを守ってモラルのある行動をとっているファンは、この連載を読んだとしても、何もすることができない。
ただただ、彼の心情を思って、辛くなるばかりだ。

どうにか、その原因となっている人物を彼の側から遠ざけられるよう、法的に対処できないものだろうか。
そう願うしかない。

アイドルを続けてほしいという気持ちはありつつも、無理をしてほしいわけではない。
そこまで苦しんでいるのであれば「普通に戻る」という選択肢を取ったとしても、それを受け入れるしかないだろう、とも思う。

つらい。

 

アイドルを好きだと公言していると、「アイドルの恋愛スクープを見てどう思うの?」「アイドルが結婚したらどうするの?」なんて聞かれることも多い。

私は「彼女がいても別に気にしないし、結婚したい相手がいるなら早くしたらいいのにって思う」と答える。

そして、どうやら、この答えは特殊な部類らしい。
たいていは、「アイドルとして活動していて、ファンから応援されているのなら、必要最低限隠すべきでは?」という意見が多い。

おそらく、なのだけど、そこは応援のスタンスが違うのだ。

私は、彼らに恋しているわけではない。

日常生活の中で辛くて辛くてたまらない時に、例え一瞬だけでも辛い時間を忘れさせてくれる存在だ。

彼らの歌う楽曲たちに癒され、勇気をもらい、後押しされる。
もう少し頑張ってみようって思える。

彼らが必死に頑張っている姿を見て、私も頑張ろうって思える。

とても辛い時に、彼らの言葉が心の支えになったり、考え方に救われることもある。

私は彼らを尊敬している。
メンターだと思っている。

私は彼らから幸せな時間や元気をもらっている。

だからこそ、そんな素晴らしい彼らに対して、私が思うことは、

笑顔でいてほしい。元気でいてほしい。

そして、何より、

幸せでいてほしい。

それだけなのだ。

心からの笑顔なのか、無理やり貼りつけた笑顔なのか。
そんなこと、ずっと見てたら分かる。
だって、私は彼らの笑顔が大好きなのだから。

彼らが心から笑っている姿が見たい。
彼らがファンに向かって「笑顔でいてほしい」って言ってくれるのと同じで、私だってアイドルには心からの笑顔でいてほしい。

そのためにも、彼らには幸せで過ごしてほしいのだ。

私はアイドルを応援しながら、恋人を作るし、タイミング次第では結婚もするだろう。
ファンはそうやって自由に恋愛をしている。

友人や家族と、好きな時に好きな場所に出かけている。

なのに、当のアイドルはそこが自由にならない。そんなのフェアじゃない。

だから、彼らが幸せであるのなら、彼女がいようが、結婚しようが、離婚しようが、どこへ出かけようが、そんなの全てを肯定する。

幸せでいてくれたら、それでいい。

そして、そんな幸せな彼らの笑顔や、お仕事を見ることで、私も幸せな気持ちになるのだ。

彼らが幸せを感じてくれるために、そして私も幸せな気持ちになるために、私は今日もアイドルを応援している。

どうか、私の大好きな人たちが、元気に、楽しく、笑顔で、幸せに、生きていてくれますように。
彼らのまわりに、そんな優しい世界が広がりますように。

 

 

 

 

20年前、同じ日にオーディションを受けた亀梨くんと中丸くんが、今もこうしてKAT-TUNを守って一緒に走り続けていてくれる。

そのことが、どれだけ凄いことか、貴重なことか。

KAT-TUNが充電完了した今だからこそ、深く深く実感してます。

亀梨くんも中丸くんも、「ジャニーズに入っていて良かった」と口にしてくれることが多い気がします。
その言葉を聞けることが、ファンとしてどれだけ嬉しいか。

そう言ってくれる二人がKAT-TUNでいてくれて良かったです!!

 

野球少年だった亀梨くんの履歴書を勝手に送ってくれた親戚のお姉さん、ありがとう。

中学3年生だった中丸くんに「あとはハンコ押すだけでいいから」と履歴書を用意してくれた同級生の方、ありがとう。

野球に行きたかったのに「千円あげるから」という母の言葉に釣られてオーディションを受けに行った亀梨少年、ありがとう。

「せっかくだから思い出作りに」と、オーディションを受けに行ったノリの良かった中丸少年、ありがとう。

オーディションに受かって最初のお仕事で、二人だけスタジオを間違えて、走りながら自己紹介をした亀梨少年と中丸少年。
「運命」なんて言葉を使うと安っぽく感じてしまう気もするけれど、この二人に関してはそんな言葉を使いたくもなります。

KAT-TUNの中の同期組、亀梨くん、赤西くん、中丸くん。
その中の、最年少亀梨くんがKAT-TUNの先頭を走って引っ張って、最年長中丸くんがKAT-TUNを底から支えてる。
二人のやり方は違っても、KAT-TUNを大事にしてること、大事にしたいと思ってること、凄く伝わってきます。
ありがとう。

(赤西くんに関しては、KAT-TUNも事務所もやめてしまったけれど、現在の活動状況はきっとそれぞれ刺激になってるんじゃないかなって、勝手に思ってる)

これから先もずっと、亀梨くん、中丸くん、そして上田くんが、KAT-TUNとしても個人としても、どんどん大きく活躍してくれることを願います。

入所20周年のこの年が、素敵なものになりますように!!!

 

アイキャッチt

 

 

聖くん、33歳のお誕生日おめでとうございます!!

今年の誕生日は、ライブでたくさんの人たちと一緒に過ごせるようで、32歳の最後と33歳の最初をとっても素敵な時間にできて良かったね!と、想いを馳せているところです。

ライブに行った人たちの感想を見ると、とてもカッコ良かったし、素敵だったとのこと!!
聖くんが笑顔で良かった!!

今年は、聖くんが愛されていること、たくさんの人に支えられていることを知った一年でしたが、今日からの一年もまたそうやってたくさんの人に囲まれて、素敵な日々を過ごしてほしいです。

どうか、聖くんが笑顔で、健康で、元気に、幸せですごせますように!!

 

そして、決まった全国ツアー。

Tanaka Koki presents Easter TOUR2019
2019年2月から4月まで、全26公演。

『置いてきてしまった約束や大事なモノを拾い集めて次に繋げる大切なツアーです!』

とのこと。

私も、地元公演に行こうと思います。
好きな人と同じ空間を過ごせることは貴重だってこと、何度も何度も実感しているので。
行ける時に行っておこうって、思います。

 

彪くんの愛のあるツイートも!

 

田中聖は決して終わってないし、終わらせないために。
これから先に、今よりもっと幸せな景色が見れるように。

田中聖を応援していきます。

 

アイキャッチ用

 

 

『KAT-TUNの世界一タメになる旅+ イケメンじゃんけんバスツアー in 仙台後編』の配信開始~♪

超最高の回でした!!!

予告を見ている時点で、イケメンじゃんけんではなく『男気じゃんけん』をしている映像が流れていたので楽しみにしていたのですが、思っていた以上に面白いし、癒されるし、可愛いし、仲良しで、大満足!!

おでん屋さんで並んでおでんを食べるKAT-TUNや、一緒に座って食べているスタッフさんたちの姿を見ると、とても幸せな気持ちになりました。

今までのタメ旅プラスの全部の回を通してもベスト3に入るくらい大好きな回です!!

こういう旅、もっとたくさんやってほしい!!

 

以下、ネタバレ感想♪

(ただただ萌えたところを順に書いていったら6000字を越えてしまった!笑)

 

アイキャッチt

 

 

聖くんがAmazonバラエティの『カリギュラ』という番組に出るそうです。

 

 

『カリギュラ』とは、禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことをいうらしい。

今田耕司さんと東野幸治さんがMCの配信番組。
地上波では放送できそうにないような企画の番組だそうで、聖くんが出演するのは『訳あって地上波ではなかなか会えない、あの人は今!?』というコーナーだそう。

前回はEE.JUMPのユウキが出演してお話をしたとか。

聖くん、どんなお話をするんでしょう?

それこそ、地上波ではもう見ることは難しいかな?と寂しい気持ちでいるのですが、これから先は確かにネット配信番組というジャンルでは出演できる番組も増える可能性があるのかも?という期待も生まれました。

「是非是非チェックしてもらいたいです!!」って言われたからにはチェックしますが、これ見るのドキドキするし、ちょっと怖い。

でも、動いて喋る聖くんを見ることができるのは嬉しいかな~(*^^*)

MCが今田耕司さんというのも、見るにあたっての安心材料かも。

配信は11月23日かな?

戦々恐々としながら、配信を待ちます。

 

PAGE TOP