ナルト舞台(ナルステ)福岡千秋楽(2015/04/12)マチソワのネタバレ感想その4!

やっと終わり!
DVD化する前に全部書き終りたい! というの目標で書きはじめたのに、完全にアウト(笑)
パンフレットの感想も書きたいし、DVDの感想も書きたいんだよなぁ。
もっと上手く感想をまとめられるようになりたいけど、これは慣れるしかない?

オープニングから第七班結成までの感想はこちら
波の国編の感想はこちら
第二幕の感想はこちら

引き続き、ナルステ感想。
エンディングとカーテンコール。


web拍手 by FC2

 

「火影になる!」と宣言したナルト。そこへ重なってオープニングと同じ曲が流れる。
そして、オープニングと同じように踊るナルト。
曲が終わって決めポーズをしたと思ったら、突然、セットの二階部分に駆け上がる。

その駆け上がった先には、イルカ先生、カカシ先生、自来也様が立っていて、ナルトを迎え入れる。

勢いよく飛びつくナルトを抱きとめるイルカ先生。ナルトの頭をポンポンと撫でているカカシ先生。抱き着くナルトを優しく受け止める自来也。

この流れが素晴らしくて、目に焼き付いてます。
ナルトを深く受け入れている大人組……大好きです。

マチネでは、ナルトがイルカ先生から離れて、自来也へ抱き着く勢いが早すぎて、カカシ先生はナルトの頭をポンポンって撫で損ねてて、空振りしてた(笑)
自来也から離れたナルトを改めて撫でてて可愛かった。

イルカ先生たちの元から離れたナルトは、舞台上に戻って、何をしていたと思うんだけど、この辺りはあまり覚えていない。
DVDでちゃんと見ます。

カーテンコール。

アンサンブルの6人が並んで登場してお辞儀。左右に別れる。
そのあとの順番はあまり覚えてないんだけど、猪鹿蝶や、ヒナタ・キバ・シノ、再不斬と白、カブト、大蛇丸……と続いていたような気がする。
ここも、DVDをチェック!

カーテンコールで一番のツボは、先生’sだった!!
イルカ先生とカカシ先生が並んで登場。二人でお辞儀。
イルカ先生のお辞儀の際の手の位置は、両手とも足の付け根辺りに添えて礼してた。
カカシ先生の手の位置はあまり覚えてないんだけど、たぶんイルカ先生と同じで両手とも前だったかな?
顔を上げた直後、二人が一歩ずつ横によけて、跪く。
突然の二人の行動に「え!!?」って驚いていたら、火影様登場!!!
イルカ先生とカカシ先生が跪いた状態で火影様を迎えるという!! 感激したシーンでした!!
ここは確実に、DVDで繰り返し見ると思います。

以降、あんまり順番覚えてません。ごめんなさい。

キャスト全員が並んで、手をつないでお辞儀。
手を振りながらハケていくキャスト。
大蛇丸様がサクラちゃんを攫うようにしてハケて行ったのが可愛かった!
ナルトが最後までお手振りしている後ろを、我愛羅が上手から下手へ全力疾走してたのに笑った。
気付いてないナルト(笑)
気づいた時には「先輩がスミマセン」ってペコペコ頭下げながら謝ってた(笑)

ダブルカーテンコール

【マチネ】
カカシ先生とシカマルが手をつないで出てきたので、思わず二度見した。
火影様役の方が、福岡出身と言うことで、ちょろっと博多弁しゃべったり、ご挨拶してくださったけど、よく覚えてません!

FLOWの「光追いかけて」が会場に流れて、歌うナルト。
途中で、大蛇丸様と我愛羅のデュエットがあったり、みんなで歌ってたりしてたんですが、その間にキャストが客席に降りてきてくださったので、あんまり舞台上見てなかった!!

通路の角でカカシ先生とシカマルがハイタッチしてすれ違ってたのが可愛かった!! 本編ではあんまり係ってなかったけど、キャストさん同士は仲良しなのね!!

通路が目の前の席だったので、いろんなキャストさんが前を通って行ってくれた!
けど、あまりにもたくさん来てくれるのでどこを見ていいのか分からない!!

サクラちゃんが両手を振りながら笑顔で通り過ぎ、横の階段を登ろうとしたところで、躓いてた。
白は近くで見ても白だった。美人だった。
手を振ってくれるチョウジに、手を振りかえしてたら、突然手を差し出して、お客さんにタッチしながら通り過ぎて行ってくれた。

え、お触りオッケーなんですか?? と、ビックリ。

続いて、再不斬さん。背が高いので、座ったままだとかなり見上げる。カッコイイなァと見とれてたら、スッと手を差し出してくださったので、思わずバッと手を出す私含めその周辺。
再不斬さん、数人まとめてギュッって握手して去って行きました。
すっごい力強かった。ビックリした。カッコ良かった。

再不斬さんのカッコよさに惚けてる間に、キャストがステージに戻る。
戻る途中で合流した猪鹿蝶が3人でギュッって抱き合ってたのが可愛かった。

キャスト全員で歌い終わって、お辞儀して、幕が下りた。

「公演は終了しました」のアナウンスが流れるなか、もう1回くらいカテコを期待してたんですが、前の方の席の方々が早々と席を立って帰ってしまったので、残念ながら3回目にならず……残念。
マチネとは言え、福岡最終日だったから、カテコ3回くらいしてくれそうだったのになぁ。残念だよー!!
スタオベしたかった。(スタオベはカテコ3回目ですることが多いよね?)

【ソワレ】
カカシ先生が火影様と手を繋いで出てきたので、思いっきり笑ってしまった。
めちゃめちゃ可愛かったよ!!

FLOWの「光追いかけて」で、客席に降りてくるキャスト。
一階席最後列まで来てくれたのでビックリ。

サスケくんが近づいてきた途端に周りが「キャー!!」と黄色い悲鳴で溢れて、みんながすっごい勢いで手を振っていたので、サスケくん役の方の人気の凄さを知った。

ヒナタ、キバ、シノも来てくれて、お手振りしてくれた。
キバの服の間から出ている赤丸の顔をポンポンと撫でるヒナタ。
可愛すぎか……!!!

曲が終わってステージ上に全員集合、全員で手を繋いだ状態でお辞儀して幕が下りる。

マチネと違って、さすがソワレ! 福岡千秋楽!!
公演終了のアナウンスが流れても帰る人は居なくって、1階席はオールスタオベ。
(2階席はみんな座ってたらしいんだけど、シティ劇場の2階席はけっこうな傾斜があるのでスタオベするには勇気がいる。あと、2階席からは1階席が全く見えないので、1階席がスタオベしてることには気付いてなかったのかも)

幕が上がってトリプルカーテンコール

サスケが我愛羅をおんぶして出てきたのが可愛かった。仲良いなぁ!!
おんぶしたまま並ぶサスケと我愛羅。横に立つカカシ先生が、おんぶされた我愛羅が背負っているヒョウタンをジッと見たかと思うと、ヒョウタンの栓を抜いた!!! 口元見えないけど絶対に笑ってたよね!!
なかなかヒョウタンの栓を返さないカカシ先生に、サクラが後ろから頭叩いてた(笑)
ヒョウタンに栓を戻したのがカカシ先生だったか、サクラちゃんだったかは覚えてないんだけど、この流れがとんでもなく可愛かった!!

キャスト全員が並んでいる状態で、ナルト役の方がご挨拶。
スタオベの景色に感極まったようで、言葉が出てこず。
「福岡でこんな景色が見れるなんて……」と、震えた声で一言。

「あの……えっと……」と、言葉を詰まらせつつ、両手をグーパーと閉じたり開いたりを繰り返していたのが可愛かった。
そして、そのグーパーをマネする我愛羅くんも可愛い(笑)
ナルト本人は我愛羅がマネしてることに気づいてないところがまた(笑)他にも、我愛羅とは逆側で、再不斬さんがヤンキー座りしてナルトを煽ってて笑った。

そうやって、みんなにイジられながらも、ゆっくり言葉を紡いで、
他のキャストや、スタッフ、みんなのおかげでこの舞台は作られてる。ありがとう。
これからの地方ツアー、東京凱旋公演、海外ツアーと頑張って行くので、応援よろしくお願いします。
と、いうようなことを言っていたと思う。

東京凱旋公演はライブビューイングもあるので、良かったらそちらも! という、ナルト。
カブトさんが「ライブビューイングってなんですか?」と、ライビュのことを知らない人向けに話を振ってあげてたんだけど、ナルトは「えっと……舞台を、生中継?? 映画館で……」とアワアワしてた。

キャスト全員でお辞儀して、ありがとー!!ってお手振りしながらハケていくみんな。
我愛羅とサスケが並んで仲良くしてたら、突然サクラちゃんが間に割って入っててすっごく可愛かった!
間に割って入ったサクラちゃんの肩を抱いてハケていくサスケ!! 萌え死ぬかと思った。
ずっと、可愛い可愛いしか言ってないけど、本当に可愛かった。

全員がハケても鳴り止まない拍手。

座長であるナルトがまた出てきてくれたんだけど、他のキャストは出てこないので、ナルト一人でキョロキョロしてたし、挨拶の言葉も出てこなくて、ワタワタしてた。
そんな様子を見ていたらしいサクラちゃんが、サスケを引っ張ってステージ上に登場!! 上手側に向かって手招きをしたと思ったら、ちょっと経ってカカシ先生も登場!! 第七班!!!
サクラちゃん、グッジョブです!!

サクラちゃん、サスケ、カカシ先生が、ナルトを後ろからギュッってする感じで肩を組んで並ぶ。
改めて挨拶の言葉を……と思っても、言葉が出てこないらしいナルトは、最初のカテコの時と同じ挨拶を繰り返してました。
テンパってたのかな?(笑)

第七班でお辞儀してくれて、今度こそハケていくナルト。
なんだけど、やっぱり鳴り止まない拍手。
カカシ先生がそんな拍手に気づいてくれて、立ち止まる。
サクラとサスケもそれに倣って立ち止まる。
でも、ナルトはそれに全く気付かず客席に手を振り続ける(笑)そんなナルトに向かってカカシ先生が手招きしてるんだけど、それにも気づかないナルト。
ナルトを見つめるカカシ先生とサクラとサスケ。ナルトは気づかない(笑)
あまりにも気づいてくれないナルトに、カカシ先生はとうとう諦めて、手をヒラヒラ振って「解散! 解散!!」って感じのジェスチャーしてた(笑)

以上でカーテンコール終了!!

このカーテンコールを見れて本当に良かった!
本編が素晴らしかったのはもちろん。(カットされたシーンがあったのは残念だけど、それを補うだけの良さがあった)
カーテンコールでは、NARUTOカンパニーの仲の良さがすっごく伝わってきた。
キャストのほとんどが、原作やアニメのキャラクターを研究して、喋り方や仕草を似せてきてた中、たぶんナルトはそういった原作やアニメに似せる役作りはしてなかったと思う。
それでも、ちゃんとナルトがナルトに見えたのは、とにかく全力で真っ直ぐ突き進んでいることが伝わってきたから。
そして、そんな真っ直ぐ突き進むナルトを、周りのみんなが支えているのが分かったから。

キャラクターが生きてる、動いてる、そこに居る……という、NARUTOの世界が目の前にある、という凄い体験をした。
「NARUTOの世界がそこにある」と思えたのは、役者さんはもちろん、スタッフが本気で作り上げたからだと思う。
NARUTOのカンパニーそのものが、まさにNARUTOでした。

上手く言えないけど、とにかく素晴らしかった。

続編を切に希望します。
このカンパニーが作り上げるNARUTOを、また生で観たいです。直に感じたいです。

 
web拍手 by FC2