芥川竜之介書簡集(岩波書店:刊)の中から、1通ずつ、感想を書くことで毎日更新をクセ付けしよう計画!

3通目!!

明治43年(1910年)
6月6日 広瀬雄 本所から


web拍手 by FC2

芥川竜之介書簡集(岩波書店:刊)の中から、1通ずつ、感想を書くことで毎日更新をクセ付けしよう計画!

2通目!!

明治43年(1910年)
4月 山本喜誉司 芝区新銭座町16番地から


web拍手 by FC2

芥川竜之介書簡集(岩波書店:刊)の中から、1通ずつ、感想を書いて、毎日更新をクセ付けしよう! という目標。

今日は、その第1通目!!

明治42年(1909年)
3月6日 広瀬 雄 本所区小泉町15番地から


web拍手 by FC2

ブログを毎日更新する! と、目標を立てて、「芥川竜之介書簡集」をネタにすると決めた昨日。

この芥川竜之介書簡集、買ったまま1ページ目を開いてすぐに挫折したままの本でした。

もともと、芥川竜之介は、読むと世界観に引きずられて気持ちが落ちてしまうので苦手です。
それなのに、なぜあえてこの本を買ったかというと、好きなマンガに“芥川竜之介の書簡”が題材として使われていたからです。

そのマンガというのが、幸村アルト先生の「六百頁のミステリーです。


web拍手 by FC2

このブログを始めて、ほぼ放置のまま1年が過ぎてしまいました。

なにかしら書きたいことはあるんだけど、いざ書こうとすると、なにも書けずじまいです。
昔は文章を書くのが大好きだし得意だと自分で認識していたのだけど、今はまったくその逆になってしまいました。

舞台の感想や本の感想を書こうとしても、思い出した順に書き連ねて行くだけでまとまりがなく、読み返すと読みづらいです。

もっとうまくまとめられるようになりたい!! と、思うものの、どうして良いのか分からずじまいです。

これはもう、とにかく書き続けて慣れるしかないのかもしれないと思い、どんなに短くても良いので1日1エントリーしよう! と、決めました。

本当は、本の感想などを書いていきたいんだけど、コミック雑誌内の1タイトル分の感想すらまとめられないので、絶対に挫折する自信があります。

では、どうすれば毎日書けるでしょうか。
考えてみました。

 


web拍手 by FC2

 

PAGE TOP