週刊少年ジャンプ24号、ナルト外伝(第2話)のみのネタバレ感想!

NARUTO -ナルト- 外伝~七代目火影と緋色の花つ月~

以下、ネタバレ感想。(折りたたみます)


web拍手 by FC2

700+2:写輪眼の少年

森の中で襲われるサスケ。
反撃したものの逃げられたが、その敵の服に“うちは一族”の家紋があり、さらに目には写輪眼が。
その頃の里では、自分の出生に疑問を持ったサラダが、里の外に出て出生の秘密を探ろうと思い立った。
火影の執務室で、ナルトとシカマルがサスケの鷹が運んできた報告を受け、里外でサスケと合流することを相談。
その相談を盗み聞きしたサラダが、ナルトの後をつけて里の外に出ることを決意。

 

――というもの。

以下、細々と気になった部分の羅列。

700+1話のラストで何かに反応したサスケ。
2話目はその続きで、右目の写輪眼を発動したサスケの表情から始まる。
写輪眼を発動したものの、何事もなく黒目に戻り、そのまま歩き出した……と、思ったら
「ハァ」とため息をつき、次のページでは、黒いマントを纏った何者かにサスケが奇襲を受けている。
鎖の片側に鎌、もう片側に分銅がついた武器――鎖鎌を持った敵を避け、抜いた刀で鎖を絡めとりそこに千鳥を流して敵に電流を流すものの、マントを脱いだ敵は千鳥をかわす。

この時、千鳥を流すサスケが刀を握ったまま、すばやく片手で印を組んでいたことに「おおっ!!」ってなった。
サスケの戦闘シーン、カッコイイ!!

このサスケを襲ってきた敵、子どもなんだけど、なんだか見たことあるような顔をしているような……と、ずっと気になってたら、アレだ!!
暁の“飛段”だ!
暁の衣の柄をまとった謎の人物と合流しているのを見てハッとした。
髪の毛がオールバックなのくらいしか共通点ないけど。
……似てない?

カカシ先生の予想では「まずありえないが……うちはの生き残りか……あるいは、大蛇丸の実験体…」らしいけど、なんか実験体っぽいなぁとは思う。
まさかのイタチの隠し子というパターンは!?
イタチを殺したサスケを憎んでいることを考えるに、イタチが死んだ悲しみで写輪眼を発眼させた……とか?
ない? ないかな?
もう一人の暁の衣を纏っている敵が「サスケは…誇り高きうちはのハジさらしだ」と言っているあたり、うちは一族っぽいし……早く正体知りたい!!

もし、飛段とも何か関わりがあるなら、 カカシ先生の居る温泉が、実は湯がくれの里でした! ちょうどいいし、調べるね! っていう展開になったりしないかな? とか、カカシ先生の活躍も期待してしまう!

そんなカカシ先生。まさかの温泉で休養中!!?
浴衣姿に驚いて思わずページを閉じたよ(笑)
忍び服じゃないカカシとか見慣れないから本当に貴重だよね! 覆面ではあるけど、額あてと手甲も外してるし、浴衣の裾から素足も見えてる!!
超無防備!!
浴衣の柄が手裏剣柄に見えてしまう罠。
カカシ先生のお家のシーツの柄が手裏剣柄だったからさ……カカシ先生のプライベートのセンスって子供っぽいのかな?っていうイメージがついてる(笑)
カカシ先生のサービスショット、岸本先生、ありがとうございました!!
ところで、カカシ先生の左目の傷がありませんが……描き忘れですか?

カカシ先生が温泉で休養中なのは、カカシ先生の休養というよりもガイ先生の湯治の付き添いだったりするのかなぁ?

そして、温泉と言えばイルカ先生の趣味という印象なんだけど!?
イルカ先生は全く出る気配無し。
期待せずに出番を待っておこう……。
生涯教師貫いてるのか気になるんだけどなぁ。 孤児院とかやってそうな気もするけど。

以下、気になった箇所を箇条書き。
・サクラ、自分で家を倒壊させて寝込むって(笑)
・チョウチョウ、どう見ても両親はチョウジとカルイさんだよ(笑)
・ミツキ(外伝1話でナルトの隣に座ってた子)ってやっぱりトネリと関係あるよね!?
・ナルト、火影室での業務が本当に苦手そう。
・シカマル、相談役っていうよりも、片腕というか……シカマルが居ないとナルトは火影の業務できないんじゃ……(笑)
・サスケの連絡手段が鷹の足に手紙をくくりつける!(ナルトから「いつまでたってもアナログ」って言われてる/笑)
・カカシ先生は電話。(旅館の受付カウンター呼び出しの電話共同って(笑)
・カカシ先生、多少のくたびれた感はあるものの、フケてなさすぎて年齢不詳(笑)
・サラダ、執務室前での立ち聞きにしろ、里外に出るナルトの後をつけようとするにしろ、もう気配読まれてナルトたちにはバレてるんじゃないのかなぁ?

というわけで、さすがに2話目じゃ謎が深まるばかりだった。
続きが気になって仕方がないよ!!

以上、感想終わり!

web拍手 by FC2