週刊少年ジャンプ29号、ナルト外伝(第7話)のみのネタバレ感想!

NARUTO外伝、もうすぐコミック単行本として出ちゃうんだけど(笑)
映画も公開日まであと少しだし……。
あと、ジャンプ4冊分の感想、毎日1冊分の感想書いたら、ちょうどコミックの発売日と重なる??(笑)

NARUTO -ナルト- 外伝~七代目火影と緋色の花つ月~

以下、ネタバレ感想。(折りたたみます)


web拍手 by FC2

 

 

 

700+7:遺伝子の奴隷

瞳力で器具を操り、内臓移植をするうちはシン。
内臓を取られ死んでしまった子どものシンは、大人のシンが自分の細胞で作ったクローンだった。
うちはシンは、大蛇丸がクローン技術を作り上げるための元実験体だったという。
遺伝子を残すのならクローンで良いというシンと、クローンにも意思があり親子には遺伝子伝達だけじゃない繋がりがあると主張するサクラ。
一方、ナルトたちは、うちはシンのアジトの手掛かりを探すため、大蛇丸のところへ赴くことに。
うちはシンの体に移植されていた写輪眼が、かつてサスケを襲ったダンゾウの腕にあったものと同じであり、その腕は大蛇丸がダンゾウに渡したものだったからだ。
大蛇丸のアジトを見張っていたヤマトと合流したナルトたちは、サスケの案内でアジトの中へ入る。
水月と重吾、大蛇丸がナルトたちを迎え入れ、シンの特異体質について話をする。
大蛇丸の話す遺伝子のことに興味をもったサラダは、遺伝子鑑定に興味を持つ。
こっそりと水月に遺伝子鑑定を頼むサラダ。それに気づいて影から見守るナルト。
香燐のへその緒らしきものと、サラダの唾液から遺伝子鑑定をしてみたところ、遺伝子が一致。
香燐とサラダが親子ということになる。
涙を流すサラダ。
「ママを助けに行かなきゃ…だろ?」
と、サラダに声をかけるナルトに、サラダは
なんでアタシがママでもない人を助けに行かなきゃなんないのよ!!!
私をずっとだましてた人達の事なんてもう知らないよ!!
と、涙を流しながら詰った。その眼には写輪眼が……。

――以上、次週に続く。

以下、細々気になったところ。

カラーページが嬉しい!! って、思ったものの、一コマ目から内臓で……岸本先生、さすがにカラーで内臓思いっきり描くのやめてもらえないでしょうか……苦手なんです(苦笑)
白黒ならまだ耐えられたけど、カラーはキツイよ。

見開きカラー扉絵は凄く綺麗!!
木ノ葉の里の高いところから飛び降りてるボルト・サラダ・ミツキの3人。
空は青いのに、ボルトたちの周りに水滴が飛んでるのはなんで? と、思ったけど、奥に虹が見えるから、天気雨なのかな??
ボルトの着ているジャージは黒地に腕の部分に赤ライン&裏地は赤。背中に赤い渦巻きマーク。
背中に赤い渦巻きマーク背負ってるのが良いね!!それにしても、ボルトやサラダが表紙なのは分かるけど、そこに加わるミツキってやっぱり重要人物だよね?
どうみてもトネリの子孫にしか見えないんだけど、違うのかなぁ??
髪の毛の色は、トネリの白っぽい色と違って水色っぽいからなぁ。どうなんだろうなぁ。早く映画観てスッキリしたい!!

カラーページの4枚目は、映画「BORUTO」のメインビュジュアル!! それも、岸本先生描き下ろし!!
七代目火影の文字を背負うナルトの姿がカッコイイし、横に佇むサスケも“うちは一族”の貫録がある。
ボルト、サラダ、ミツキと、新世代猪鹿蝶が並ぶ。
そして、背後には輪廻眼が埋まった掌を掲げる謎の人物……気になる。

今回の話は、遺伝子やクローンのことが大きな題材になっているみたいだけど、岸本先生って、遺伝子に興味があるのかな?
血継限界の設定も、一族に伝わるものと考えると遺伝子が関係あるし。

大蛇丸のアジトを見張ってるヤマト隊長。
ふ、老けすぎじゃぁないですか?? ま、NARUTO本編のイルカ先生ほどの老け具合じゃないけど。
「よしてくれ……火影に隊長なんて呼ばれたくないよ」
と、言うヤマトに、「オレにとっては隊長だからさ」と返すナルト。
火影になっても、関係性はそのまま……な、ナルトがナルトらしくて好き。
きっと、ナルトはイルカ先生のこともイルカ先生って呼んでるんだろうなぁと想像するイルカ先生好きの私(笑)
カカシ先生のことを“先代”と呼ぶヤマト。
カカシ先生が火影だった時代は、“先輩”じゃなくて“六代目”とか呼んでたのかなぁ?
カカシ先生も、ヤマトのことを“テンゾウ”じゃなくて“ヤマト”呼びしてたもんなぁ。(外伝2話参照)
というか、カカシ先生はナルトと電話した後に、ヤマトと連絡取り合ったの??
大蛇丸を見張ってるヤマトは電話は使えないよね?? どうやったのか気になるな。忍犬使ったとか?

水月と重吾の見た目は変わらないよねー。
それに比べて大蛇丸……まさかの若返ってるパターン(笑)
もう性別すら分からないよ! 細身の女性だよ(笑)
「若くなってんぞ」と言うナルトに「私の事だから分かるでしょ…いちいちつっこまなくていいの」という大蛇丸。
……ですよねー(笑)
中性的な大蛇丸を見ると、ナルステの大蛇丸様を思い出す。“様”付けで呼びたくなる迫力だったんだよね。さすが宝塚出身の役者さんだったわ。

大蛇丸曰く、うちはシンは「イタチに陶酔しただけで、うちは一族の者ではない」らしいんだけど、陶酔しただけで“うちは”の姓を名乗っちゃうの!?
サスケのことを「誇り高きうちはのハジさらし」とまで言ってたのに!? (外伝2話参照)

サラダと香燐の遺伝子鑑定に使ったへその緒、本当に香燐のなのかなぁ?
香燐のことだから、サスケのへその緒とか隠し持っててもおかしくないよね?? と思ってしまう。
サスケの荷物からこっそり拝借してて、そのまま引き出しに入れてたとかさ。
あのへその緒が本当に香燐のものなのか、分からないよね。

サクラと血が繋がってないと知ったサラダの絶望が凄く伝わってきてツラかった。
そりゃあ、助けになんて行きたくないってなっちゃうよね……。

ツラいところで終わるのって呼んでる側もツラいよ。

でもさ、サスケがサラダのことを“妻”って言ってるんだよね。
サクラが“うちは”の家紋背負ってることもあるし、サスケの性格を考えると、どう考えてもサスケもサクラもちゃんと夫婦だし、サラダも血の繋がった親子だと思うんだけどなぁ。


web拍手 by FC2